ワクワクする夢プランを

夢を描くと書くと、
大げさなイメージがありますが、
何か特別なものではありません。

例えば、『年1回家族旅行』
『月1回のホテルディナー』等
日常にプラスして考えてみることも
大切になります。

晴れ日和沖縄では、
夢を実現するための方法として、
『夢デザイン表』の作成を行っています。

ライフプランの限界

ライフプランニングという言葉
聞いたことありますか?

一言でいえば、生涯の生活設計をすること。

保険や不動産を販売するときに、
使用されることも多くなっています。

ただ、ライフプランニングでは、
将来に必要なお金の話を延々されますが、
イメージ出来なかったり、
お金を貯めなければと不安を感じた
という感想を聞くことがあります。

感情を込める

ライフプランニングの作成は、
素晴らしい方法だと思います。

将来について設計を行い、
緻密にお金の流れ(キャッシュフロー)を確認し、
必要な資金を準備する。

ただ、ライフプランに、感情がないと、
単に絵にかいた餅のように、
意味がないと考えています。

晴れ日和沖縄では、
夢デザインに感情を組み合わせる方法を
提案しています。

夢デザイン表って必要?

2つのポイントをご案内。
もちろん、ご利用について自由です。

スタートしやすい環境を

夢に向かって取り組むとしても、
最初に一歩が必要です。

ただ、日々忙しい中で、
夢を描いたり、計画するのは、
なかなか難しい場合もあります。

そこで、夢デザインを活用することで、
夢の計画する時間を確保します。

漠然としたモヤモヤの解消

夢デザインを作る中で、
漠然とした不安を解消するケースが
多くあります。

例えば、
『貯蓄をしなければいけない』と思っている場合、
まずは、貯蓄をしなければいけないと思った理由と、
貯蓄をする必要性を考える必要があります。

お話をお伺いしながら、
情報提供を行い、アドバイスをすることで、
『漠然と気になっていたが、話を聞いて、スッキリした』
と感想を頂くことが多くあります。

お問い合わせはコチラから

お問い合わせ