持病があっても入れる保険は、本当?

Table of Contents

『嘘じゃないか』と言われて

先日、保険のご相談を受けた方に、

持病があっても入れる保険に関する質問を受け、

ご説明したところ、

『テレビで見ていたCMでは、

【持病があっても大丈夫。通院治療中でも保険に入れます。】

とか良いこと言っているけど、嘘じゃないか。』

という感想を仰っていました。

職業柄、気にしていませんでしたが、

『嘘じゃないか』というフレーズに強烈なインパクトを受け、

今回緩和型医療保険(持病・健康不安を抱えている方向け)について説明します。

保険加入には、保険会社の審査有

月々の保険料を支払えば、医療保険に加入できる

と考えている方も多くいますが、

医療保険の加入には、保険会社の審査があります。

身体の状態によって、

例えば、健康診断結果、お薬の服用、入院・手術の有無をふまえ、

保険会社が判断します。

実際のケースで言うと、加入が難しい場合には、

事前に申込の前に、説明を受けると思います。

少なくとも私は、事前にお話を行います。

緩和型医療保険って何?

最初の話に戻りますが、

『持病があっても』『健康に不安があっても』

と表現は変わりますが、

分かりやすく記載すると、

『通常の医療保険で入ることが難しい方向け』となります。

緩和型は、保険加入が行いやすくなる一方で、

通常の医療保険に比べると、月々の保険料が上がります。

そのため、まずは通常の医療保険で検討することが大切です。

緩和型医療保険も審査有。

緩和型医療保険であれば、保険加入できるのかと聞かれると、

審査がありますと回答しなくてはいけません。

曖昧な判断になってしまうことをふまえて、

相談頂いた方は『嘘じゃないか』と感じたのだと思います。

ただ、通常の医療保険と同じではなく、

緩和型は、2つまたは3つの告知事項(質問)に回答するだけで、

加入が出来ることが特徴です。

各保険会社によって違いがありますが、主に聞かれることは、

最近3ヵ月以内に、医師から入院・手術をすすめられたこと

2年以内の入院・手術、

5年以内のがん等の診察・投薬確認があります。

最初にご紹介したお客様は、残念ながら、

告知事項(質問)の用件を満たすことが出来ませんでした。

ご希望を頂いているのに、お役に立つことが出来ない瞬間は、

非常に無力感を感じます。

ただ、要件を満たすまで、後、6ヵ月医療機関の受診が無ければ、

加入できる可能性が高まるというように、

相談を受けた時点で対応が終わるわけではありません。

最後に

医療保険加入は、保険会社に審査があること。

持病があっても入れるというフレーズも、

審査があり、必ず加入できるわけではないことご説明しました。

ただ、いくつか告知事項(質問)を満たせば、

医療保険の加入が出来るので、相談した時点ではなく、

6ヵ月後または1年後に改めてご相談ということもあります。

もし、ご両親や祖父、祖母の方で、

以前医療保険の加入しようと以前相談したけど、

加入出来なかったという場合でも、一度ご相談ください。

私にとって、大切なのは、相談した時点ではなく、

今後、どうするかということだと考えて対応をしています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはコチラから

お問い合わせ