交通事故よくある誤解

Table of Contents

保険に加入しているから安心

保険に加入しているから、交通事故のときに安心。

多くの方が思っていることだと思いますし、実際例外を除けば、

確かに保険会社に任せれば、安心だという考えは合っています。

ただ、①交通事故でケガをした場合、

②相手が無保険の場合、

③過失割合(どちらが悪いか)で揉めている

上記3つの場合は注意が必要です。

今回は、交通事故でケガをした場合を想定してご案内します。

信号待ちで、後ろから追突された

交通事故で、Aさんが信号待ちで停止していたところ、

Bさんが運転する車に追突された事故で、

Aさんは首にムチ打ちの症状が出たケースを例に、

誤解しやすいポイントをご紹介します。

追突をされているので、Aさんに過失割合は無く、いわゆる無過失事故になります。

Bさんは、保険に加入していたと想定してご案内します。

(無保険における対応については、『無保険車との事故』をご覧ください。)

交通事故の場合におけるケガ対応は、

治療費関係、休業損害関係、慰謝料の3つで構成されます。
(『交通事故のケガ対応3つのしくみ』をご覧ください。)

今回は、Bさんが100%悪い事故なので、

Bさんの保険会社が、Aさんのお怪我について、賠償対応を行います。

損保対応の少し専門的な表現だと、一括対応と言われています。

保険会社が対応するから安心

ケガをしても、相手の保険会社から連絡がきたので、

後は、相手の保険会社がきちんと対応してくれる。

確かに、対応して頂きますが、

実際には交通事故対応や相談を受けた経験から、

保険会社や担当者によって判断基準や対応が大きく異なります。

対応する担当者によっては、大きな不利益を被る可能性もあります。

ここで、注意してほしいのは、例えば、担当者に不満を持って、

担当者変更を希望する場合です。

方法としては、良い方法だと思われるかもしれませんが、

交通事故対応は、サービスを提供しているわけではなく、

賠償の交渉を行うことを目的としています。

そのため、担当者変更を伝えた時点から、

交渉が難航する可能性が高いとして、保険会社が警戒するようになります。

困ったら、自分の加入している保険会社へ

相手の保険会社と交渉を行っていて、うまくいかないときは、

自分の加入している保険会社に相談したら解決してくれる。

解決して頂けたら良いのですが、各保険会社は一般的なことはお話出来ますが、
具体的な考えを伝えることは、ほとんどありません。

理由として、具体的なアドバイス等を行っていた場合、

相手の保険会社からクレームが入ることがあります。

具体的なアドバイスを行わないのかについて、
簡単な記載をすると、2つあります。

相手の保険会社がケガの対応を行っているということは、

相手の保険会社にて交通事故のケガ対応を行っているということになります。

この場合、最初の例でお話すると、Bさんの保険会社による賠償対応であり、

Aさんの保険会社は介入出来ません。

仮に、Aさんの保険会社が強くアドバイスを行った場合、

Bさんの保険会社からAさんの保険会社に、

横やりをいれるなら、ケガ対応してくださいとお話になります。

実は、今回のケースでも、ケガ対応について、

Aさんは自分の保険会社対応を選ぶことができます。

※私の場合、熱心にアドバイスを行いすぎて、上記のケースが何度かあります。

ただ、通常対応しない仕事を担当者として増やしている結果になります。

当然、仕事を増やしたいと考える例外的な担当者を除き、

具体的なアドバイスはあまり行わない方が無難だと判断されます。

慰謝料は、相手損保から伝えられた金額。

慰謝料と伝えずに、様々な表現が使用されますが、

ケガが治った場合や治療打ち切りの後、慰謝料に関する話し合いが行われます。

慰謝料の金額は、保険会社に提示して頂きます。

もし、金額に納得できない場合には、交渉になります。

決まった金額が、確定しているわけではないので、

是非、色々とネットで検索してみてください。

状況によっては、弁護士への相談を行った方が良いケースもあります。

最後に

交通事故でケガをした場合(相手の車が悪い事故)における

3つの誤解は大丈夫でしたか。

自動車保険に加入するときには、具体的な事故に関する説明はありません。

そのため、多くの方が、事故が起きた際、思っていたこととは違う。

と感じるケースがあります。

ご紹介した内容について、
もう少し詳しく知りたい方は、ワンコイン(500円)セミナーをご利用ください。

※晴れ日和沖縄による交通事故サポートは、

会員様限定で、会員になる前の事故についてサポート対象外となっております。

悪しからず、ご了承頂きますようお願い申し上げます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはコチラから

お問い合わせ