ラポール作りを

Table of Contents

ラポール?

ラポールという言葉は、ビジネスの特に営業職で使用されるのが一般的です。

信頼関係を築くという意味で使用されてます。

信頼関係が少しずつでも築けるとコミュニケーションが円滑化するばかりか、相手との距離を縮めることが出来る可能性を高めます。

テクニックというよりは、信頼関係を築くことを意識するだけで、お見合いが良い方向へ向かう可能性を高めると思っています。

参考程度にご覧ください。

話が逸れますが、ラポールの語源の1つは、フランス語のラポートという言葉と言われています。フランス語のラポールの意味は、「架け橋」を意味する言葉です。

架け橋をイメージして頂くと意味が分かりやすくなりますが、川で隔たれている場所に、物流や人の移動を行うために築かれます。

川で隔たれている場所を人に置き換えると、異なる相手との間にラポール(架け橋)ができることで、スムーズな交流をすることが出来るという意味になります。

ラポールをつくる方法は?

ラポールをつくる方法については、様々な方法が、あります。

代表的な方法としては、ミラリングがあります。

ミラリングは、相手と同じ動作をすることになります。

例えば、お相手がコーヒーカップに手にとったら、小名上にコーヒーカップを手にとる。お相手から「最近雨が続いて洗濯物が大変」と言われたら、「雨が続くと洗濯物溜まるよね」と相手に返す。

猿まねと思われると、相手を不快にさせてしまいます。一方で、お相手への同調をすることで、気が合うというイメージを築くことが出来ます。

コミュニケーション能力が高いと言われている方は、天性のもので、ミライングを行っていると言われています。

ミラリングの方法が、情報や書籍で有名になるにしたがって、効果が薄くなってきていると分析するセラピストもいます。

ただ、少しの意識で、お相手との関係性を向上させる可能性が上がるなら、実践してみることをオススメします。

テクニックよりもリラックス

まず、最初にお伝えすると、リラックスについて、記事を書いている私自身は、お見合いをしているとき、全然実践出来ませんでした。

なので、失敗例もふまえて、リラックス法をご紹介します。

お見合いは緊張します。理由は単純で相手に好かれたいと思っているのですから。結婚相談所等のサービスを利用していたら、なおさらです。

リラックス法①

呼吸法

シンプルですが、自分に合った呼吸法を行うことで、最初の挨拶するまでの間は、非常に効果があります。

呼吸法については、「呼吸法 リラックス」で検索すると、様々な情報が出てくるので、あなたに合った方法を探してみてください。

最初の挨拶までと記載したのは、お相手と会話しているときに、リラックスする呼吸法を実践し続けることが困難だからです。

リラックス法②

イメージ作り

お相手と親しくなっている姿をイメージするという方法です。

やり方が悪かったと思いますが、私は逆効果で、親しくなるために失敗出来ないと勝手に自分自身へプレッシャーをかけていました。

ただ、イメージの重要性はよく書籍でも目にするので、試してみる価値はあります。

共通の話題を探す方法

ラポールを築くために、共通の話題を探すことは、非常に効果的です。

何より共有を話題があることで、精神的な余裕を持つことができます。

そこで、共通の話題を探していく方法を考えていきましょう。

最初に思いつく方法としては、ストレートに聞く方法です。

趣味は何ですか?休日何をされているますか?という質問を投げかける方法です。

お見合いや婚活の場合には、通常プロフィールシートがあるので、最低限の記載は行われていると思います。

ただ、ストレートに質問をする方法は、何度か行うと、必死さをお相手に感じさせてしまう可能性があります。

そこで、少し違うカタチで、探りを行う方法をご紹介します。

例えば、趣味にドライブと記載している場合には、「瀬長島とかよく行っていそうなイメージですね」と会話をします。

もし、全然違うなら、「瀬長島は全然行かなくて、海中道路によく行きます」等の回答が返ってきます。

違う回答がきても、海中道路いいですよね。と相づちを合わせながら会話をすることが出来ます。

イメージという言葉を使用することで、「どんなイメージだったんですか?」と相手から質問がくることもあります。

もちろん、イメージはポジティブであることが、前提です。

ちなみに、私の瀬長島のイメージはオシャレです。

ドライブで例えましたが、映画でも、音楽でも方法は同じです。

最後に

ラポールを築くために、ミラリングやリラックス法、共通の話題探しと記載してきましたが、一番大切なことは、出会いに前向きになることだと思います。

今回の内容が、少しでもあなたの役に立てば幸いです。

 

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。